ちびねこナッチの冒険
FC2ブログ

ニャンコさんの家族愛

先日、感動的な猫さんの家族愛のニュースがありました。

(以下転載~)


「川に落ちた子猫を助けろ」通行人らが救出劇 長崎・銅座川

毎日新聞10/1(火) 11:14配信

1日午前、長崎市の中心部を流れる銅座川で、川に落ちたとみられる子猫が通行人らの協力によって助け出される一幕があった。親とみられる2匹の猫と無事再会した子猫の姿に、見守っていた通行人は「よかったー」と胸をなでおろした。

川に落ちた子猫を心配そうに見守る親猫とみられる猫=長崎市新地町で2019年10月1日午前8時25分 
川に落ちた子猫を心配そうに見守る親猫とみられる猫=長崎市新地町で
2019年10月1日午前8時25分、浅野翔太郎氏撮影

 
 長崎市の観光名所・新地中華街沿いを流れる銅座川(川幅約20メートル)で1日午前7時45分ごろ、猫の鳴き声が聞こえた。通勤途中の記者が橋の上から川をのぞきこむと、川岸の排水溝内でぬれた子猫がか細く鳴いていた。その上の道路には親猫とみられる2匹の猫が。2匹は心配そうに他の通行人とともに川をのぞき込んでいた。

 居合わせた人の通報で、長崎県警の警察官が救助しようと網をもって駆けつけたが、子猫の姿は排水溝の奥に消え、見えなくなった。警察官は「後は市役所にお願いするしか……」と困り顔。だが、しばらくすると、排水溝と接続したホテル前の側溝から再び鳴き声が聞こえてきた。

子猫の鳴き声がする側溝を心配そうに見つめる通行人と猫=長崎市新地町で2019年10月1日午前8時36分 
子猫の鳴き声がする側溝を心配そうに見つめる通行人と猫=長崎市新地町で
2019年10月1日午前8時36分、浅野翔太郎氏撮影
 


 記者や通行人、ホテルの宿泊客が側溝のふたを開け、しばらく様子を見ていると、遠巻きに人間による救出劇を見ていた猫2匹が側溝に近づき、警戒していた子猫は無事側溝からはい上がった。その後、3匹はホテルの脇でしばらく体をなめ合いながら戯れていた。

川に落ちたとみられる子猫がいる側溝に近づく親とみられる猫たち=長崎市新地町で2019年10月1日午前8時38分、浅野翔太郎撮影 
川に落ちたとみられる子猫がいる側溝に近づく親とみられる猫たち=
長崎市新地町で2019年10月1日午前8時38分、浅野翔太郎氏撮影


無事に側溝からはい上がり、母猫とみられる猫とじゃれあう子猫(右)=長崎市新地町で2019年10月1日午前8時43分、浅野翔太郎撮影 
無事に側溝からはい上がり、母猫とみられる猫とじゃれあう子猫(右)=
長崎市新地町で2019年10月1日午前8時43分、浅野翔太郎氏撮影

 救出後、母猫の乳を吸うずぶぬれの子猫(手前黒っぽい猫)と母猫と見られる猫(左奥)、じゃれつく父とみられる猫(右)長崎市新地町で2019年10月1日午前8時48分、浅野翔太郎撮影 
出後、母猫の乳を吸うずぶぬれの子猫(手前黒っぽい猫)と母猫と見られる猫
(左奥)、じゃれつく父とみられる猫(右)=長崎市新地町で
2019年10月1日午前8時48分、浅野翔太郎氏撮影


 救出に参加したホテル宿泊客の茨城県美浦村、調教助手、先田裕輝さん(43)は「ほんまに助かってよかった」と目を細めていた。【浅野翔太郎】 


(~以上 転載)



 FNN.jpプライムオンライン

毎日新聞


父親と母親(らしき2匹)が心配そうに川面を見つめる姿を見た
通行人が警察に連絡、結果的には自力で這い出てきたようだけれど、
見事な連携プレーですね。助かって良かったね。

最後の3人の抱擁が感動的です。
ママ~怖かったよ~
自分で出てきたんだね、えらいえらい
頑張ったな~えらいぞ。
親子の会話が聞こえてきそうです。


スポンサーサイト



ちょっと一息

結構前から計画していたクラブ祭。
10月27日に決定して実行。まあまあの出来かな。
HD込み4Gのスコアで表彰するコンペ形式で実行。
そして、ストライクが出れば、お楽しみ福引き。

みんな楽しんでくれているように思うけど、どうなんだろ。
ストライク数に個人差はあるし、女性には厳しい?
でも数が少ないから不利とは限らないのが、福引。
数少ないストライクでも、自分の欲しかったものを
引き当てた人もいるからさ。

盛り上げるにはやっぱり資金が必要だし、今の現状では
こんなものかしらん。

シーズン終了・・・

半年間、ほぼ毎日TVにかじりついて応援していたMLBの
エンジェルスのレギュラーシーズンが終わった。

地区優勝にもワイルドカードにも絡むことができず、つまりは
ポストシーズンも無いので、昨日で全てが終わったことになる。
昨日、日本時間の10月1日に162試合目で終了。エンジェルスは
最後の試合で良い逆転劇を演じて、笑って終われたのはよかったね。
でもしばらく寂しくなるよ。

いや、しばらくなんてものじゃない、半年間のエンジェルスロスだ。
本音を言えば大谷ロスだけど、これからどうやって過ごそう。
毎日スコア表を付けていたのに、職を失った気分だ。

そう思っていたら、今朝はいきなり「トミージョン手術を受けて
成功しました」というニュースに驚いた。大谷と球団側からすると
予定通りだったんだろうけど、最終試合の翌日に手術?!って
びっくりするよね。

成功って言っても、リハビリ後に、完全に以前の調子が戻らないと
成功とは呼べないのは、本人さんが一番感じていることだろうけど
ファンとしても心配なところだ。全快するといいね。祈ってるよ。

昨日はソーシア監督が退任するというニュースまで飛び込んできて
なにかと不安要素が拭えないね。今までありがとうございます。

大谷の女房役のマーティン・マルドナードがヒューストンアストロズへ
移籍した時も精神面を心配したけど、プロとして乗り越えたんだろう。
大谷が初ホームランを打って、サイレントトリートメントで迎えられた時
真っ先に飛びついたイアン・キンズラーもボストンレッドソックスへ。
色々別れもあったけど、年の近い・若いルーキー選手がマイナーから
上がってきて、それはそれで刺激になって良かったのかも知れない。

エンゼルスのビリー・エプラーGMによると、リハビリについては、
「肘の可動域を見ていかないといけない。どれくらいの角度にもって
いけるか。基本的にはロサンゼルス(の病院)とオレンジ郡(エンゼル
スタジアム)を行き来することになると思う」ということで、日本には
あまり居ないだろう、クリスマスもアメリカで過ごすだろうということ。

いいんじゃないの?日本に帰ってきたらマスコミに追い回されたり、
スポンサー廻りやイベントに駆り出されて休む暇もなくなるだろう。
こっそりと数日間実家に帰ってのんびりして、ご家族との時間を大切に
しっかり楽しむ程度で。きっとアナハイムの方が伸び伸びできるよ。

来シーズンは打者としてのみ試合をすることになるけど、きっと
今年以上の活躍が観られることを確信してるよ。頑張って!
そして君が牽引してエンジェルスがプレーオフ進出を果たしたら、
どんなに嬉しいことだろう。日本中が大騒ぎだね。いや、私が、か。

もっと上手くなりたいと、ひたむきに頑張っている姿に悲壮感は無い。
エンジェルスに来て、毎日楽しく野球ができたと語る、笑顔いっぱいの
大谷翔平をずっと見ていたい。世界一の野球選手になるという夢も、
数年後には叶うかも知れない。あの笑顔はそう思わせてくれる。



笑顔


これから半年間、来シーズン開幕まで、試合もないしスコア付けも
しないので、もう一回ボウリングに打ち込んでみようかな。
コンペに出る回数を増やしたり、練習もするようにしたいな。

その前に、大谷が今年の新人王を獲ったというニュースが聞きたいな。
発表は11月12日だってさ。





rookie hazing

今までも、メジャーリーグ野球はTVで時々観ていたけど、
今年は4月以降、大谷翔平を見るためにTVにべったりだ。

春のキャンプ中は成績も振るわず、聞こえてくるアメリカからの
悪口が悔しかったよね。悔しいといえば、去年末のMLB移籍で、
大谷に選ばれなかったニューヨークヤンキースを代弁するような
NYタイムスなどの、東海岸の記事も悔しかったよね。

曰く、ニューヨークのような大都会は怖いんだろう、とかね。
振られた腹いせというやつですかと思いつつも、悔しかった。

アリゾナでのスプリングキャンプの結果を見て、米の批評家たちは
悪口言ってくれたよね?高校生レベルだとか、マイナーから
スタートすべきだとか。半泣きになりながら耐えたよ。

4月にレギュラーシーズンがスタートして、評価は手のひら返しの
絶賛に変わって溜飲を下げたけど、手のマメや足首捻挫に続いて、
右肘の靭帯損傷が判明しDL入りしたりと順風満帆とはいかず、
どこまでも心配の絶えないルーキーイヤーとなった。

右肘の治療のために、当座はトミージョン手術は回避して、
PRP療法という方法で治療をして、一旦はひょっとしたら
回復した?と思うような8月の打者としての好成績に湧いていた。
ホームランが6本、打率は.328、投手としてのリハビリも順調で、
満を持して9月3日(日本時間)に先発登板かと思ったら、不調で負け。

9月5日にはDHで第16号本塁打を打ち、メジャー1年目の本塁打数は
2003年の松井秀喜(ヤンキース)に並んで日本人歴代2位となった。
と思ったら、翌日6日の朝には、違う箇所の靭帯損傷が判明し、
絶望的な気持ちになった。と思ったらその日に、第17・18号となる
本塁打を打ってくれて、しかも四球・遊安・右本・左安・右本と、
出塁率100%!なんてことをやってくれちゃったりして。

その後は、開き直ったかのような打者としての活躍で毎日ワクワクし、
また明るい気持ちで応援していたけれど、昨日までの5連敗は痛かった。
0-10、3-21、3-11、5-10、2-6と大負け。大谷もこの間、2安打のみ。
3-21って卓球か?バドミントンか?

ダラダラ書いてきたけど何が言いたいかというと、連敗は5で止まり、
今日はテキサス・レンジャーズに勝って、大谷の21号本塁打も出て、
久々にハッピーなのさ。5打席目にサヨナラ弾があればなお良かったね。

エクセルで作ったスコア表に毎日入力しているから、一喜一憂も
激しくなる。良くない結果も見なかったふりができないからだ。
「安」は赤字に、「本」はピンクの塗りつぶしセルに白いフォントの
太字に書式設定してあるから、色が変わらないと面白くない。
毎日変動する打率・出塁率・長打率・OPSが上がっている時は高揚する。
今日のように5対4で勝った場合は、「5-4」と入力すれば、"win”の文字が
出てくる。楽しいよお。"lose”は要らない。

今日までのスコアで、大谷が投打で出場時にはチームは55勝-54敗。
大谷が休みの時は21勝-27敗。大谷が出れば勝ちます伝説ができたら
いいのになあ。

エンジェルスは、地区優勝にも絡まないし不利かもしれないけれど、
是非是非、新人王のタイトルを獲って欲しい。
だから残り5試合で本塁打4本をお願い!12安打で打率は3割になるよ!

おお、そうだ。タイトルの "rookie hazing" は、恒例の新人いじり。
毎年9月半ばに、MLBのルーキー達は、rookie hazingを受ける。
過去には松井秀喜がド派手なヒョウ柄の服を着せられたり、2年前には
ドジャース前田健太がチアガールの扮装をさせられたりという通過儀礼。

女装は禁止されたという話もあったし、大谷翔平へのrookie hazingは
どんなものになるのか。私の希望は「伝説の勇者ロト」だった。

 ロトの勇者


大谷に似合いそうでしょ?
強く希望していたけれど、実際には・・・




移動のバスの中でカラオケという結構地味なものとなりました。
"Despacito" というプエルトリコ(スペイン語)の歌を日本語訳したもの。



趣味が野球という大谷は、カラオケなんてほとんど行ったことが
ないんじゃないのかな。その割には上手く歌ってたね。


トミージョン手術を受けるのかどうかは判らないけれど、来シーズンは
投手としては出場しないとソーシア監督が明言しているので、つまりは
打者として2年目を過ごすことになるから、目一杯打って欲しいね。
投手がダメでも打者として期待されるとは・・・

才能に恵まれ、努力も惜しまない大谷翔平はつくづく幸せな男だね。
趣味が野球、特技が野球、職業が野球、とは恵まれすぎだ。
明日も頑張って本塁打を打つんだぞ。




可愛いナオミちゃん

もう6日程前になるのか、テニスの全米オープンで大坂なおみが優勝した。
日本のなおみちゃんとセリーナ・ウィリアムズの優勝決定戦とあって、
ライブで観ようと朝まで起きていたのに、直前で寝落ちしたらしい。

朝、目が覚めると、家人が「なおみちゃんが勝ったらしいよ。でもなんか
もめてるみたい」と言っていたので慌ててWOWOWの録画を観る。

セリーナ・ウィリアムズを圧倒して、立派に戦っている最中なのに、
セリーナが審判に不穏な言葉を繰り返し投げかけている。
事の発端は、セリーナのコーチが陣営席から両手で何らかのサインを
送っていたらしいことが、コーチングを取られ、警告を受けたこと。

その後もセリーナはラケットを叩きつけて壊し、文句を言い続ける。
そして、警告(コーチング)→ポイントペナルティ(ラケット破壊)
→ゲームペナルティ(暴言)を取られ、自滅していた。
勿論、自滅が無くても、なおみちゃんが勝ったことだろうけど、
なんだかすっきりしない優勝になってしまっている。

そして晴がましいはずの表彰式の壇上での様子を観て、私は激怒した。
セリーナびいきの観客の騒然とした雰囲気は祝福ムードにはほど遠い
まま、表彰式が始まっても収まらずブーイングが続いたけれど、
それよりも激怒した相手は、セリーナとUSTA会長のカトリーナ・アダムス
さん他、役員の人たちの態度だ。会長はセリーナにお追従を言い、
セリーナはそれを当然という態度で受け入れ、女王のごとく真ん中に
陣取っている。

一体、アメリカってどういう国なのよ?あれが普通なのか?

美しく戦い、実力を出し切って勝利を手にしたはずのなおみちゃんは、
うつむき、小さくなっている。まるで女王に叩きのめされた敗者の姿だ。
敗れようが四大大会で準優勝なら胸を張って良い素晴らしい結果だけど。

4年前の2014年の全米オープン男子では、錦織圭とマリン・チリッチが
決勝戦で戦い、クロアチアのチリッチが勝者となった。
その時には観客も役員も、どちらかを贔屓した様子はなかったけれど、
それはアメリカ在住とは言え、日本人の錦織とクロアチア人のチリッチ、
つまり2人ともアメリカ人では無かったからだったのか?

2007年以降、全米OP男子の決勝にはアメリカ人は進出していないし、
優勝者はBIG4のみ。スイスのロジャー・フェデラー、スペインの
ラファエル・ナダルセルビアのノヴァク・ジョコビッチ
スコットランドのアンディ・マリーだけだ。

今回は、地元のニューヨーク在住のスーパースター・セリーナが決勝に
進出、女子はやはりアメリカ勢が強いから、期待が大きかったのか。
21世紀に入ってからは決勝進出者は、ほぼウィリアムズ姉妹だけど。

セリーナの審判に対する抗議がなければ、どうなっていたのか?
日本人とは言いながらアメリカ国籍も持っているなおみちゃんでさえ、
あれだけのアウェー状態におかれることになったのか?

答えを見つけるべく、Naomi Osakaで検索して、アメリカの事情を
探ってみた。そして見つけたのが、下のNew York Postの記事だ。

(以下 転載~)

It’s shameful what US Open did to Naomi Osaka 
 By Maureen Callahan September 8, 2018 | 8:35pm


Naomi Osaka, 20 years old, just became the first player from Japan to win a Grand Slam.


Yet rather than cheer Osaka, the crowd, the commentators and US Open officials all expressed shock and grief that Serena Williams lost.


Osaka spent what should have been her victory lap in tears. It had been her childhood dream to make it to the US Open and possibly play against Williams, her idol, in the final.


It’s hard to recall a more unsportsmanlike event.


Here was a young girl who pulled off one of the greatest upsets ever, who fought for every point she earned, ashamed.


At the awards ceremony, Osaka covered her face with her black visor and cried. The crowd booed her. Katrina Adams, chairman and president of the USTA, opened the awards ceremony by denigrating the winner and lionizing Williams — whose ego, if anything, needs piercing.

“Perhaps it’s not the finish we were looking for today,” Adams said, “but Serena, you are a champion of all champions.” Addressing the crowd, Adams added, “This mama is a role model and respected by all.”


That’s not likely the case now, not after the world watched as Serena Williams had a series of epic meltdowns on the court, all sparked when the umpire warned her: No coaching from the side. Her coach was making visible hand signals.


“I don’t cheat to win,” Williams told him. “I’d rather lose.”


She couldn’t let it go, going back multiple times to berate the umpire. At one point she called him a thief.


“You stole a point from me!” she yelled.


After her loss, Williams’s coach admitted to ESPN that he had, in fact, been coaching from the stands, a code violation. The warning was fair.


Everything that followed is on Williams, who is no stranger to tantrums. Most famously, she was tossed from the US Open in 2009 after telling the line judge, “I swear to God I’ll take the f—king ball and shove it down your f—king throat.” John McEnroe was taken aback. Even Williams’s mother, Oracene Price, couldn’t defend her daughter’s outburst.

“She could have kept her cool,” Price said.


On Saturday, she also could have tried to be gracious in defeat. No matter how her fans try to spin this, Williams was anything but. Upon accepting her finalist award, she gave parsimonious praise to her competitor while telling the crowd she felt their pain.


“Let’s try to make this the best moment we can,” she said in part, “and we’ll get through it . . . let’s not boo anymore. We’re gonna get through this and let’s be positive, so congratulations, Naomi.”


Osaka accepted her trophy while choking back tears. She never smiled. When asked if her childhood dream of playing against Williams matched the reality, she politely sidestepped the question.


“I’m sorry,” Osaka said. “I know that everyone was cheering for her and I’m sorry it had to end like this.”


She turned to Williams. “I’m really grateful I was able to play with you,” Osaka said. “Thank you.” She bowed her head to Williams, and Williams just took it — no reciprocation, no emotion.


Osaka, a young player at the beginning of her career, showed grit, determination and maturity on that court and off.


She earned that trophy. Let’s recall that this wasn’t Osaka’s first victory over Williams — she beat Williams back in March, causing a hiccup in that great comeback narrative.


Osaka earned her moment as victor at the US Open, one that should have been pure joy. If anything was stolen during this match, it was that.


(~以上 転載)

私が感じたことをしっかり書いてくれているじゃないか!
嬉しいねえ、と溜飲を下げた。セリーナの態度には辛辣だ。
他にも新聞記事や、YouTube・Twitterなどを見て、なおみちゃんが
褒められているのを確認してホッとした。アメリカは狂っていなかった。

日本ではなおみちゃんの優勝で湧き上がり、お祭り騒ぎだね。
日本でのインタビューでは、まるでアイドル・芸能人のような扱いで、
テニスのこと、わけても決勝戦のことを聞かないのは、だれも試合を
観ていなかったんじゃないかと思うほどだった。

舞い上がっているのは、テニスファンよりもスポンサーさんかな。
ラケットのヨネックス、時計のシチズン、ウエアなどのアディダス、
カップヌードルの日清など、沢山のスポンサーが既に付いているけど、
日産自動車のブランド大使就任に就任した日産自動車のイベントでは、
当初は約400万円の電気自動車「リーフ」が贈られるはずだったのが、
好きな車種を問われて、なおみちゃんの「GT-Rが好き!」の一言で
「差し上げましょう!」と専務が約束。最上級グレードが約1900万円の
GT-Rがもらえるこことになった。総額2300万円相当にもなる新車2台の
大盤振る舞いだけど、リーフは日産の選択ミスだね、20歳のスポーツ
ウーマンが乗る車じゃないと思うよ。私でもGT-Rが欲しいわ。
まあ、お父さんかお母さんが喜んで乗ってくれるだろうけど。


なおみちゃん、この度の優勝おめでとうございます!
世界ランクも19位から一気に7位に上がり、11月のツアーファイナルにも
きっと出場するんだね。なおみちゃんを目指す子どもが増えるね。
「私を目指さないで、責任が取れないから」とは言っていたけれど。

下はエレン・デジェネレスのトーク番組に出演した時の映像。
なおみちゃんが素晴らしいテニスプレイヤーであるだけじゃなく、
謙虚で可愛いくて、愛さずにはいられないのは日本だけじゃなかったね。











プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ひつじさん