ちびねこナッチの冒険 ちょっといい話
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛いナオミちゃん

もう6日程前になるのか、テニスの全米オープンで大坂なおみが優勝した。
日本のなおみちゃんとセリーナ・ウィリアムズの優勝決定戦とあって、
ライブで観ようと朝まで起きていたのに、直前で寝落ちしたらしい。

朝、目が覚めると、家人が「なおみちゃんが勝ったらしいよ。でもなんか
もめてるみたい」と言っていたので慌ててWOWOWの録画を観る。

セリーナ・ウィリアムズを圧倒して、立派に戦っている最中なのに、
セリーナが審判に不穏な言葉を繰り返し投げかけている。
事の発端は、セリーナのコーチが陣営席から両手で何らかのサインを
送っていたらしいことが、コーチングを取られ、警告を受けたこと。

その後もセリーナはラケットを叩きつけて壊し、文句を言い続ける。
そして、警告(コーチング)→ポイントペナルティ(ラケット破壊)
→ゲームペナルティ(暴言)を取られ、自滅していた。
勿論、自滅が無くても、なおみちゃんが勝ったことだろうけど、
なんだかすっきりしない優勝になってしまっている。

そして晴がましいはずの表彰式の壇上での様子を観て、私は激怒した。
セリーナびいきの観客の騒然とした雰囲気は祝福ムードにはほど遠いまま、
表彰式が始まっても収まらずブーイングが続いたけれど、それよりも
激怒した相手は、セリーナとUSTA会長のカトリーナ・アダムスさん他、
役員の人たちの態度だ。会長はセリーナにお追従を言い、セリーナはそれを
当然という態度で受け入れ、女王のごとく真ん中に陣取っている。

一体、アメリカってどういう国なのよ?あれが普通なのか?

美しく戦い、実力を出し切って勝利を手にしたはずのなおみちゃんは、
うつむき、小さくなっている。まるで女王に叩きのめされた敗者の姿だ。
敗れようが四大大会で準優勝なら胸を張って良い素晴らしい結果だけど。

4年前の2014年の全米オープン男子では、錦織圭とマリン・チリッチが
決勝戦で戦い、クロアチアのチリッチが勝者となった。
その時には観客も役員も、どちらかを贔屓した様子はなかったけれど、
それはアメリカ在住とは言え、日本人の錦織とクロアチア人のチリッチ、
つまり2人ともアメリカ人では無かったからだったのか?

2007年以降、全米OP男子の決勝にはアメリカ人は進出していないし、
優勝者はBIG4のみ。スイスのロジャー・フェデラー、スペインの
ラファエル・ナダルセルビアのノヴァク・ジョコビッチ
スコットランドのアンディ・マリーだけだ。

今回は、地元のニューヨーク在住のスーパースター・セリーナが決勝に
進出、女子はやはりアメリカ勢が強いから、期待が大きかったのか。
21世紀に入ってからは決勝進出者は、ほぼウィリアムズ姉妹だけど。

セリーナの審判に対する抗議がなければ、どうなっていたのか?
日本人とは言いながらアメリカ国籍も持っているなおみちゃんでさえ、
あれだけのアウェー状態におかれることになったのか?

答えを見つけるべく、Naomi Osakaで検索して、アメリカの事情を
探ってみた。そして見つけたのが、下のNew York Postの記事だ。

(以下 転載~)

It’s shameful what US Open did to Naomi Osaka 
 By Maureen Callahan September 8, 2018 | 8:35pm


Naomi Osaka, 20 years old, just became the first player from Japan to win a Grand Slam.


Yet rather than cheer Osaka, the crowd, the commentators and US Open officials all expressed shock and grief that Serena Williams lost.


Osaka spent what should have been her victory lap in tears. It had been her childhood dream to make it to the US Open and possibly play against Williams, her idol, in the final.


It’s hard to recall a more unsportsmanlike event.


Here was a young girl who pulled off one of the greatest upsets ever, who fought for every point she earned, ashamed.


At the awards ceremony, Osaka covered her face with her black visor and cried. The crowd booed her. Katrina Adams, chairman and president of the USTA, opened the awards ceremony by denigrating the winner and lionizing Williams — whose ego, if anything, needs piercing.

“Perhaps it’s not the finish we were looking for today,” Adams said, “but Serena, you are a champion of all champions.” Addressing the crowd, Adams added, “This mama is a role model and respected by all.”


That’s not likely the case now, not after the world watched as Serena Williams had a series of epic meltdowns on the court, all sparked when the umpire warned her: No coaching from the side. Her coach was making visible hand signals.


“I don’t cheat to win,” Williams told him. “I’d rather lose.”


She couldn’t let it go, going back multiple times to berate the umpire. At one point she called him a thief.


“You stole a point from me!” she yelled.


After her loss, Williams’s coach admitted to ESPN that he had, in fact, been coaching from the stands, a code violation. The warning was fair.


Everything that followed is on Williams, who is no stranger to tantrums. Most famously, she was tossed from the US Open in 2009 after telling the line judge, “I swear to God I’ll take the f—king ball and shove it down your f—king throat.” John McEnroe was taken aback. Even Williams’s mother, Oracene Price, couldn’t defend her daughter’s outburst.

“She could have kept her cool,” Price said.


On Saturday, she also could have tried to be gracious in defeat. No matter how her fans try to spin this, Williams was anything but. Upon accepting her finalist award, she gave parsimonious praise to her competitor while telling the crowd she felt their pain.


“Let’s try to make this the best moment we can,” she said in part, “and we’ll get through it . . . let’s not boo anymore. We’re gonna get through this and let’s be positive, so congratulations, Naomi.”


Osaka accepted her trophy while choking back tears. She never smiled. When asked if her childhood dream of playing against Williams matched the reality, she politely sidestepped the question.


“I’m sorry,” Osaka said. “I know that everyone was cheering for her and I’m sorry it had to end like this.”


She turned to Williams. “I’m really grateful I was able to play with you,” Osaka said. “Thank you.” She bowed her head to Williams, and Williams just took it — no reciprocation, no emotion.


Osaka, a young player at the beginning of her career, showed grit, determination and maturity on that court and off.


She earned that trophy. Let’s recall that this wasn’t Osaka’s first victory over Williams — she beat Williams back in March, causing a hiccup in that great comeback narrative.


Osaka earned her moment as victor at the US Open, one that should have been pure joy. If anything was stolen during this match, it was that.


(~以上 転載)

私が感じたことをしっかり書いてくれているじゃないか!
嬉しいねえ、と溜飲を下げた。セリーナの態度には辛辣だ。
他にも新聞記事や、YouTube・Twitterなどを見て、なおみちゃんが
褒められているのを確認してホッとした。アメリカは狂っていなかった。

日本ではなおみちゃんの優勝で湧き上がり、お祭り騒ぎだね。
日本でのインタビューでは、まるでアイドル・芸能人のような扱いで、
テニスのこと、わけても決勝戦のことを聞かないのは、だれも試合を
観ていなかったんじゃないかと思うほどだった。

舞い上がっているのは、テニスファンよりもスポンサーさんかな。
ラケットのヨネックス、時計のシチズン、ウエアなどのアディダス、
カップヌードルの日清など、沢山のスポンサーが既に付いているけど、
日産自動車のブランド大使就任に就任した日産自動車のイベントでは、
当初は約400万円の電気自動車「リーフ」が贈られるはずだったのが、
好きな車種を問われて、なおみちゃんの「GT-Rが好き!」の一言で
「差し上げましょう!」と専務が約束。最上級グレードが約1900万円の
GT-Rがもらえるこことになった。総額2300万円相当にもなる新車2台の
大盤振る舞いだけど、リーフは日産の選択ミスだね、20歳のスポーツ
ウーマンが乗る車じゃないと思うよ。私でもGT-Rが欲しいわ。
まあ、お父さんかお母さんが喜んで乗ってくれるだろうけど。


なおみちゃん、この度の優勝おめでとうございます!
世界ランクも19位から一気に7位に上がり、11月のツアーファイナルにも
きっと出場するんだね。なおみちゃんを目指す子どもが増えるね。
「私を目指さないで、責任が取れないから」とは言っていたけれど。

下はエレン・デジェネレスのトーク番組に出演した時の映像。
なおみちゃんが素晴らしいテニスプレイヤーであるだけじゃなく、
謙虚で可愛いくて、愛さずにはいられないのは日本だけじゃなかったね。











スポンサーサイト

さすが?

ボウリング仲間というか飲み仲間のRちゃんは、
アサヒビールの発泡酒を愛飲している。

アサヒさんはしょっちゅう、「必ずもらえるキャンペーン」を
やっていて、前回の賞品は甘エビやホタテなどの海鮮。
Rちゃんから缶に付いている応募シールを渡されたので
それでは私が応募して、届いたら一緒に食べようと、
去年の秋口に第1回食事会&飲み会を開催。

去年の12月に、またシールをもらったので応募したけど、
どうも葉書の1枚に、希望商品の記載を忘れた気がした。

希望商品の記載を忘れたことをMさんにしゃべったら、
どこのキャンペーンは知らないけど、記載ミスには
一切対応できませんとか書いてあったと言う。

完全に私のミスだから、どうしようもない。
もったいなかったね。ごめんよ、Rちゃん。

そうRちゃんにも言っていたんだけど、それが今日、
衝撃の封書が届いた。

「ご希望コースが不明のため、現在賞品の発送が保留と
なっております」という内容で、希望商品を記載して
返送すれば再応募を受け付けてくれるという内容だ

!!!

封書の中には、ご丁寧に応募した葉書のコピーが
添えられていて、応募シールが足りなかった場合も
不足分を貼って再応募ができるという。えええ!
しかも!料金受取人払いの封筒まで入っている!

感動しましたね。
もちろん、そこまで消費者を甘やかしていいのか?
という疑問も湧いたけれど、そのきめ細やかな対応に
ファンにならずにはいられません。いや既にファンですけど。

ファンを大事にしてくれてる気分になって、嬉しい。
そこまでするか?というほど親切だ。
アンポンタンにも優しい。

こんな展開になるとは思っていなかった意外な出来事。
一人のファンも逃しませんよ、というアサヒさんの
強いプロ意識なんだろうか、しっかり囲い込まれているよ。

アサヒさん販売のニッカウヰスキーを飲み、最近では
アサヒさん販売の焼酎も飲んでるもん。

ビールはもちろんアサヒドライが好き。
でも他社の発泡酒も飲んでいる。それは亡くなった父親が
最後に送ってくれた銘柄だからやめはしないけど。

他社のキャンペーンの取り扱いってどうなんだろうね。

優しさに甘えず、これからは迷惑を掛けないように
しっかり応募しようと思った次第。

単純な人間だなあ。






コストコ

今日は朝からサークルへ。

アベが186.5というボチボチのスコアで満足度は80%。

今日うれしかったのは、A原Mさんが優勝したこと。
去年も優勝がなかったし、何とか頑張って欲しいと思っていたから、
自分の優勝より嬉しかったよ。

しかも自己H/Sを一気に78も更新しての優勝だ。
その他GIF  本当におめでとうございます。 



      その他GIF

  

さてさて、いつもはミーティングの後は居酒屋なんだけど、
今日はRちゃんとM本Mさんと3人でコストコツアーに。

なぜコストコツアーかというと、最近お腹が出てきたから、
昼間の居酒屋はしばらく中止にしてコストコへ行こうと
Rちゃんの提案で実現した。

朝昼は食べない私が、毎週昼間から飲み食いするもんだから
体重が増えたのも当然だ。
おまけにKLクラブの後は、喫茶部で飲み食いするようになった。
これもマズイけれど、不正会計の問題から必要性があった。
今は必要性はなくなったけれど習慣だけが残った。
とどめにSクラブの後は数人でラーメン。
太らないわけがない。

二人はコストコに何度も行っているけど、私は初めて。
なんだかんだと歩き回り、知らない道を走って疲れたよ。
最近は車もセンターに行くくらいしか乗らないから、
久々に長い距離の運転で疲労度MAX。お腹が空いた。

家に帰って真っ先にビールの缶を開けた。
プシュー!やっぱり買い物より飲んでいる方が好きだ。

   
    でぶねこさん
  







支える人たち

昨日・今日と、TVで中国からの観光客の様子を取り上げていた。
大阪の「かに道楽」では、たまたまお昼のお客さんが全員、
日本以外のアジアからの人(ほとんど中国)ばっかりだったとか。

インタビューで、「日本のカニは甘くて美味しい」とほころぶ顔は、
美味しいものを食べた時は万国共通だなあと、こっちもほころんだ。

中国では昨日(11日)から、建国記念日にあたる国慶節の大型連休が
始まり、7日までの期間中、大勢の中国人観光客が来日すると予想され、
日本の百貨店や商業施設は「爆買い」に期待を寄せているそうだけれど
そのTV番組では、今は爆買いではなく「爆食」だと言っていた。

ネットのニュースでは、外国人観光客は、日本の飲食店・コンビニ・
デパートなどを利用した時の、店員さんの対応が親切で気持ちが良いと
高い評価をしているそうだ。それ以外にも、タクシーの運転手さんや
道を尋ねた時の一般の日本人もみんな親切に一生懸命教えてくれたり、
日本人としては嬉しくなるような話もある。
100%信じていいのかわからないけど、そう信じたい。

そう思いながら、今日の晩御飯は外食で王将へ。

若い店員さんが多い店だけれど、また新しい若い店員さんが入っていた。
大衆的な店だけど、値段以上のクオリティーだと思っているから
たまに行く店だ。店員さんの対応にも満足している。

「餃子はよく焼いて」というお願いに、「良く焼きですね」と答えて
運んできてくれた時には「焼き加減はこのくらいでよろしいですか?」

高級レストランにでもいるのかと錯覚するような立ち居振る舞いだ。
「それではごゆっくりどうぞ」の言葉も添えられた。
注文の品が運ばれるたびに笑顔を見せてくれる。

とてもキビキビ、しかも優雅に動いている店員さんたちを見て、
涙が出そうだった。日本の好印象を支えてくれているのは
こうやって、気持ちの良い接客を心がけている人たちのおかげだね。

たとえ疲れていても笑顔で応対してくれる接客業の人には感謝だ。
ありがとうございます。













安堵

今日は朝から全豪オープンをTVで観戦。
待ちに待った錦織圭の初戦だ。

かつてないほどの日本中の期待を背負って、
重圧が負担にならなければいいけれど・・・

祈るような気持ちで観戦した後、やってきたのは安堵。
あれだけの日本の盛り上がりだ、初戦敗退だけは避けて欲しい。
その希望は叶えられ、良かった、勝った!

もっともっと勝ち進んで欲しいけれど、取り敢えずは安堵、
これしかない気持ちだった。

実力はあっても、勝負は時の運もある。

BRレコーダーに「錦織圭」のキーワードを入力してあるので
毎日毎日、これなんやねんと言うほど沢山の番組が録画されてくる。
それだけメディアに取り上げられるほど、日本での関心が高いのだろう。

日本だけじゃなく、地元の豪州や世界各地でのメディアに登場する。
でもまだ、シーズンは始まったばかり。まだまだこれからだ。
のんびり勝てばいい。でも思いっきり期待してしまう。

アガシが、去年11月の日清食品ドリームテニスARIAKEで、
former great Andre Agassi described him as “one of the few players that I’d pay money to see play. He’s one of the greatest shotmakers in the game.’’
と言ったのは、日本でのリップサービスだと思っていたけれど、
TIME誌なのではそのまま取り上げられていたのが意外だった。

いつか現地での観戦ができたらいいな。

Australian Open 2015 -smooth straight-sets win over Nicolas Almagro on Margaret Court Arena on Day 2 



~以下はテニスマガジンより転載~


オーストラリア・メルボルンで開催されている「全豪オープンテニス2015」(本戦1月19日~2月1日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第5シードの錦織圭(日清食品)がニコラス・アルマグロ(スペイン)を6-4 7-6(1) 6-2で破り、5年連続5度目の初戦突破を果たした。試合時間は2時間7分。

錦織とアルマグロは過去2度対戦しており、1勝1敗。初対戦の2011年クアラルンプール(ATP250/インドア・ハードコート)の準々決勝では錦織が6-7(5) 6-4 6-4、2013年楽天ジャパンオープン(東京・有明テニスの森/ATP500/ハードコート)の準々決勝ではアルマグロが7-6(2) 5-7 6-3で勝っていた。

アルマグロは、昨年5月の全仏オープン(クレーコート)の1回戦で左足を傷めてリタイア負けして以降は公式戦に出場しておらず、今週のシドニー(ATP250/ハードコート)で復帰(1回戦敗退)したばかり。2011年5月には自己最高の9位をマークしている。

錦織はグランドスラムでは自己最高となる第5シードでの出場。昨年の大会では、4回戦で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)に6-7(3) 5-7 6-7(3)で敗れていた。

錦織は2回戦で、イバン・ドディグ(クロアチア)とジョアン・ソウザ(ブラジル)の勝者と対戦する。


~以上転載~





プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ひつじさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。