ちびねこナッチの冒険 2012年06月16日
FC2ブログ

プロボウラー

世の中にはプロボウラーという資格を持つ人たちが沢山いる。
その中で職業にしている人たちはぐっと減るだろう。
バッジは持っていてもなんの活動もしていない人も多いと思う。

センターに所属して仕事をしたりする人は限られるだろうし、
その中でトーナメントに出場しているプロはまた減るだろうし、
食べていけないまでも、賞金を得られるプロは一握り。

プロボウラーとは資格であり、職業としては成り立ちにくい。

トーナメント数も少ないし、賞金だけで食べて行くことは
長期に渡ってはほとんど無理な話。

それでもプロになりたいという夢を持つ人は多い。
今年のプロテスト受かって、念願のプロになった子の一人は
以前はうちのセンターで投げていた。

5年くらい前だったか、ボウリングを始めてすぐにプロになると言って
毎日練習を重ねて夢を叶えている。
両親の全面的なバックアップがなければ難しかっただろうけども。
 
Bもプロボウラーになるという夢はまだ持っているようだし、
夢が叶う様、私も心から願っている。

最近うちのセンターでアルバイトを始めた子は高校を卒業したばかり。
その子もプロになる夢を持って練習を重ねている。
何年のキャリアかは知らないけど5年くらいは続けているはずだ。
こちらも両親は後押ししているけれど、今のところまだ難しそうだ。

経済的に不安定でありながらもプロボウラーに憧れる人は多い。
受け皿は少ないくても、夢を叶えたいという気持ちは
抑えられないんだろう。

レジャーとしてのボウリングは若者には依然人気があるし、
マイボウラーはやや中高年に多そうだけれども、
こちらも日常的に行うスポーツとしてそこそこ人気はあるはずだ。 

プロボウリングを下支えする環境はありそうなのに
なんでトーナメント(公式戦・承認試合)が少ないんだろう。 

不況でスポンサーもなかなか現れない中、DHCさんは
費用対効果の見込めないボウリング業界に多額の支援を
してくれている稀有な存在だ。
おかげで存続が難しいと言われた試合もいくつか救われている。

私には直接関わりがある訳ではないけれど、わずかながらでも
その恩に報いようと、私は去年からDHC化粧品を使うようになった。 

最初はちょっと買って終りのつもりだったけれど、使ってみると
意外な事に良い商品だったのでリピーターになってしまったのだ。
何が起こるかわからないものです。 

プロボウラーかあ・・・・・
私も今、20歳なら考えたかも知れないなあ。 

sakura.gif 

今日は久々の飲み会、楽しんでこよう。 










スポンサーサイト



プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ひつじさん