ちびねこナッチの冒険 Kimono vs. Komodo

Kimono vs. Komodo

ネットで拾ったニュースから。


“Daredevil Ayako Imoto(命知らずのイモトアヤコ)”。
英紙デイリー・ミラーが11月21日、お笑いタレント・イモトアヤコが
以前「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)の企画で行った、
コモドドラゴンとの“対決”を取り上げ、番組のシーンを
「クレイジーな動画」と紹介している。

イッテQ

この企画は「イッテQ」の名物企画「珍獣ハンター」で行われたもの。イモトは2007年11月に、「珍獣ハンター」デビュー戦としてコモドドラゴンと50メートル走で対決し、その4年後の2011年11月に2度目の対決を果たしている。今回話題になっている動画は2度目の対決で、インド洋の南海に浮かぶ周囲150キロの小さな島・コモド島に4年ぶりに降り立ったイモトが、振り袖姿で体長2メートルのコモドドラゴンと競争する――という内容だ。

コモドドラゴンはヤギや鹿を丸呑みするほどの大食漢で、空腹になると自分の仲間や子供をも食べてしまう凶暴性を持つ。また、唾液には50種類以上の有害なバクテリア潜んでおり、噛みつかれれば感染症を起こして絶命する危険性がある。さらに巨体ながら最高時速15マイル(約24キロ)の俊足と、とにかく危険な生物のため、デイリー・ミラー紙は“日本の若い女性タレントが命知らずな挑戦をしている”と、驚きを持って紹介した。

このデイリー・ミラー紙の記事は、欧米のソーシャルメディアでも拡散。イモトの驚異的な挑戦は、世界の人も驚かせ、唸らせているようだ。



    ~以上 転載~



実際に読者にはどう受け止められているのかは知らないけれど、
最近イモトを応援している私としては嬉しい話だ。

Daredevil Ayako Imoto took on the death-defying challenge as part of a dangerous television sketch

Daredevil ってのがいいね。


でも、見出しとしてはDaily Mail の方がキャッチーだ。
Kimono v komodo だもんね。

Kimono v komodo 






1年のうち3分の2は海外を飛び回っているという彼女。
体に気を付けて頑張って欲しいな。

そういう割にはこの番組は見たことがないという、
にわかファンなのだけれど。
次回は予約しておこう。

イモトアヤコ驚異の身体能力 

この画像を見てちょっと惚れた。
この身体能力でボウリングがしたいなあ。 



ねこさんシリーズ  


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
TOEICボキャドリル

ひつじさん
TF
track feed chibineko0705
英単語2択クイズ
お散歩英語 English Walk