写真拡大

中国と日本、アメリカ、イギリスの「小学生のルール」を比べた文章がインターネットで話題になっているという。なかでも中国版「小学生のルール」は実用性に欠け、お題目主義の一面があるらしい。新華毎日電訊が伝えた。


中国版「小学生のルール」

1 祖国を愛し、人民を愛し、共産党を愛そう
2 法律を守ろう。校則と社会のマナーも大切に。
3 勤勉に、探究心を絶やさず学習を続けよう。ボランティア活動も積極的に。
4 命を大切に。体を鍛え、清潔に過ごそう
5 精神力を鍛えて自分を磨く。健康的な生活習慣を身に付ける
6 勤労は素晴らしい。自分でできることは自分でやろう
7 両親を大切にしよう。年上の人には礼儀正しく接すること
8 団結心を大切にし、他人にやさしく
9 自分の言葉には責任を持とう


日本版「小学生のルール」

1 遅刻をしない。学校に来たら勝手に外に出ない
2 チャイムが鳴ったら決められた行動を。廊下で走らないこと
3 教室では静かに。私語も禁止
4 遅刻、早退など緊急の場合はまず先生に連絡すること
5 下校時間は守ろう
6 登下校時は決められた通学路を通ること。買い食いはダメ
7 地震や火事の場合は先生の指示に従うこと


アメリカ版「小学生のルール」

1 先生には敬意を払うこと
2 遅刻をしないこと
3 質問があるときは挙手を
4 自分の席で先生と話をしてもよい
5 欠席した時は、授業の内容を先生やクラスメートに聞いて理解しておくこと
6 緊急の場合は先生に連絡すること
7 宿題に誰かの助けを借りないこと
8 カンニング禁止
9 授業でわからないことは先生に聞くこと
10 遅刻や欠席は保護者が記入した届け出を提出すること
11 病気、家族の不幸、宗教上の事情の場合は欠席も可
12 先生の質問に答えられる人は積極的に挙手を



イギリス版「小学生のルール」

1 健やかに育つことが何より大切
2 むやみに他人に体を触らせないこと
3 お金より命が大切
4 隠し事はダメ。秘密はお母さんに喋ってしまいましょう
5 知らない人から食べ物や飲み物をもらわない
6 知らない人と話をしない
7 身の危険を感じたら物を壊して逃げよう
8 身の危険を感じたら一目散に逃げよう
9 悪い人をかばってはダメ
10 悪い人には嘘をついてもよい

(翻訳編集 tnsn)



~以上 転載~


このイギリス版が実践的で役に立ちそうだ。
ルールというより、自分の身は自分で守るための手段として
無事に生き抜くための最低限度の知恵かも知れない。
ほとんど、対悪い人への対応だね。  
 



ねこさんシリーズ