ちびねこナッチの冒険 高級レストラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高級レストラン

先日国賓として来日したオバマ大統領を招待したことで
一気に庶民の間でも全国的に有名店となった感のある、
高級すし店「すきやばし次郎」(銀座店)。

私は勿論行ったことがないけれど、名前だけは知っていた。
昔、神足裕司が「サイバラは次郎に行こうって言うんだよ」と、
エッセイか何かで書いていて、バカ高い店だと理解していた。
ちょっと前にはWOWOWで、「二郎は鮨の夢を見る」という
ドキュメンタリー映画を放送していたから興味深く観た。

1人3万円~という高級店に行くのはどんな人たちなの?
そういう疑問が、あるブログを読んで氷解した。

大石哲之さんという、始めて名前を見た全く存じ上げない方だけど、
日本デジタルマネー協会フェローだそうだ。


~以下転載~


すきやばし次郎が20分3万円の寿司でも
   客が途絶えない本当の理由



すきやばし次郎について書きましょう。

ここのメニューはお任せで3万円18カンというコースのみ。無言で、次から次への寿司がでてきて、20分で食い終わる。食い終わるとさっさと追い出される。

確かに、うまいのだろうが、しかし、3万円を使って来店したのに、ホスピタリティのない接客に加え、20分でお会計して出て行く羽目にみじめな気分に陥り、自分を納得させるために次郎氏を神のように崇めたり、理由をつけて慰めるような投稿が、食べログにたくさん書き込まれています。これぞ典型的な庶民が行ってはいけない店です。

こういうところの常連は、理由があってお金を使わないといけないひとです。

月に100万、200万くらいお金をどうしても使わないいけない事情がある人というのは、世の中にあなたが想像するよりもはるかにたくさん存在します。

儲かり過ぎたり、税金で持っていかれる前に苦労して使いますし、裏金や、犯罪資金、期限付きの予算や人のカネとか、使わないと返さないといけないカネとか、本来あってはいけないお金とか、まあそんなところです。

月に100万200万を使わないといけないので、食事も、数千円などというのは効率が悪すぎる。一度に、5万、10万、20万単位で使っていかないととても間に合わないのです。

そこで、こういう店が重宝されます。

食べ物としては最高の物を出しますし、決して手をぬかないプロでしょうし、常連のリクエストやわがままに確実に答えてくれるでしょう。そして、さして時間も取りません。30分ほどあれば食べられてヘルシーなので、毎週いっても大丈夫。そして、3万円消費できます。効率がいい。

一人でふらっといって、ちょっと食べて帰ってこれるし、普段にちょっと食べるのに最適です。

普通のひとは、3万円だったら、ディープに飲んで食べて、翌日も2日酔いくらいまで満足したいと思いますが、一日3万円しかつかわず酔いつぶれていては、月に90万。これでは体が持たない。

体の健康を保ちつつ、月に100万、200万消費しようとすると、30分で食える最高級ずしというニーズがまさにマッチするのです。

要するに、すきやばし次郎は、ワケありの人にとってはファーストフードなんです。高級店ではないんですわ。

ワケありのひとは、決してガッチリやるときは次郎なんかにいきません。料亭なりで、一人15万や20万円くらいは掛けて、楽しみます。でもこれを毎日やるわけにはいかないですから(お金が無いんじゃなくて、疲れるので)、ちょっといって3万円消費できて、確実に美味しい次郎の寿司は、便利なんですよ。ちょっと高いランチくらいなイメージね。

東京の滞在時間が24時間くらいしかない外国のセレブやCEOに人気なのも頷けます。ほとんど時間がないなか、お忍びで行って、30分ほどで日本一うまいと評判の寿司が食べれるからめんどくさくない。

という感じですので、決して庶民が、「死ぬまでに一度、次郎さんに握ってもらいたい」「せっかくの記念日だから」という思い出で、すきやばし次郎にいっては行けません。あそこは、庶民の記念日の店ではなく、カネを使わないといけない人のファーストフードの店です。

P.S <いわゆる食通の皆様へ>

「すきやばし次郎、旬を握る」 この本はとてもよい本でした。次郎の江戸前寿司へのこだわりがわかります。大間のまぐろを仕入れる話ではぶっ飛びました。このこだわりぶりだと3万円になってしまうのも仕方ない。3万円になってしまっても、品質の妥協はしたくないのでしょう。単なる金持ちのほかに、そういう寿司を真剣に食べたい食通が多くいるのも理解しています。

私は使わねばならないお金はありませんが、無類のワイン好きで、3万円のワインも飲みます。まわりのワイン好きも平気で3万円くらいは出しますね。でも、マニアなんですよ、われわれ。食通も一緒だと思います。20分の寿司に3万円、1本のワインに3万円。どちらも狂ってます。

一般のかたには、これはマニア(食通)向けのお店であると、教えてあげたほうが親切かとおもった次第です。



~以上転載~


「カネを使わないといけない人のファーストフードの店」だなんて
アイキャッチングな言い回しだけど、ガツンと頭に残って効果的。

ニュースを見たMさんが「次郎、行きたくない?」と聞いてきた時、
「行きたくない」と言下に答えたのは大正解だったわけだ。



オバマ大統領が「人生で一番のお寿司」と言ったとかいう話
("I was born in Hawaii and ate a lot of sushi, but this was the
best sushi I've ever had in my life")
は、英語での、いわゆる社交辞令の表現としては普通だろう。

そりゃあ素晴らしく美味しかったのは間違いないとは思うし、
「次郎」さんをけなそうと思っているわけでも全く無く
(行ったこともないし) あくまでも英語表現だけの話。

the best (something) I've ever had in my life ってのは
相手に謝意を表す、英語ではよくある表現でそんなに特別じゃない。
in my lifeを「人生で」と訳すから大層に聞こえるけど、
「これまでで一番おいしい〇〇ですよ!」と、
相手を持ち上げるお礼の言葉で、大げさに喜んでみせたりする。
それは日本でも一緒だろう。今までで一番おいしいっす!

父の日・母の日や両親のお誕生日にはthe best mom(dad)in the worldと
カードに書くのが普通だし、親子間・夫婦間でも謝ったり言い訳したり
相手を懐柔したりする時には
I'm not the best husband in the world,but ...I love you. なんて言う。
日本語の感覚で聞くと大げさな表現が多いよね、英語って。 


    You Are The Best Mom In The World

中国に対しては「白髪三千丈の国だから」と言って大げさな表現も
割り引いて聞くのに、英語に関しては言葉そのままに受け取るのかな。

「次郎」さんに関しては
Abe took Obama to Sukiyabashi Jiro, the fabled restaurant in
Tokyo's fashionable Ginza district widely regarded as
the best sushi restaurant in the world. とCNN も書いているから
アメリカでも評判なのは間違いないんだろう。


やっぱりそんなに美味しいんだろうか、次郎さん。

私は近所の安くて(値段の割には)美味しいお寿司屋さんで
お造りやカマ焼き、白魚の唐揚げなどをアテにゆっくりお酒を飲み、
締めにお寿司を食べるのが好きだから、いきなりお寿司で
お寿司のみ「20分3万円」というのは多分楽しめないだろうしね。

それに食通じゃないし、ある程度以上の味は全部「美味しい」としか
言えないだろうな。味そのものにお金を払うなんて出来ないし。
楽しく幸せな時間にお金を払いたい私にはやっぱり無理な店だ。


ま、そんなことは「お金を使わないといけない」身分になってから
考えればいいことだけれど。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
TOEICボキャドリル

ひつじさん
TF
track feed chibineko0705
英単語2択クイズ
お散歩英語 English Walk
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。