8日午前9時45分ごろ、富山県南砺市菅沼で、国道156号沿いの斜面に生えていた高さ約30メート ル、直径約1・9メートルのブナの木が道路を横切るように倒れた。通行中の乗用車を直撃し、運転していた奈良県大和郡山市の男性会社員(28)が腕などに 切り傷や打撲の軽傷を負った。

南砺署によると、ブナは根元から倒れており、車のボンネットを直撃したという。車は大破した。同乗者はなかった。ブナが生えていたのは道路脇の山林で、事故当時雨は降っていなかった。同署が倒れた原因を調べている。

現場は、合掌造り集落が世界遺産に登録されている五箇山の菅沼集落に近い。