ちびねこナッチの冒険 期待

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待

ニューヨークで開催されているテニスの四大大会最終戦、全米オープン。
6日に行われた準決勝で、日本のエース・錦織圭が世界ランク1位の
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を下し、決勝に駒を進めた。

世間の話題は錦織圭に集中している。
私もワクワクしながら深夜にTV観戦。最近体調が悪い。
スポンサーのユニクロ等だけではなく、WOWOWも問い合わせや
加入申し込みが殺到しているんだとか。


  ~以下はニュースからの転載~


2014年09月08日07時18分

海外メディアに衝撃「何が起こった?」ラケット“離れ業”にも注目


◇テニス全米オープン第13日男子シングルス準決勝  
錦織圭3―1ノバク・ジョコビッチ
(2014年9月6日 ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)

錦織の決勝進出は世界の主要メディアに大きな衝撃を与えた。
スポーツ専門局のESPNは「波乱の土曜日。いったい何が起こった?」
と驚きを込めながら大きく報道。「錦織対チリッチの決勝戦を誰が予想しただろうか?」とも付け加えた。

英ロイター通信は「マラソンマンがジョコビッチをぼうぜんとさせて決勝に進出」と激闘を勝ち抜いてきた錦織のスタミナと粘りを高く評価。
「ついに決勝で“アジアの旗”を掲げることになった」という記事も配信し、テニス界の勢力図が書き換えられた日になったことも伝えた。

一方、ニューヨーク・タイムズ紙は試合の内容以外に「早朝にもかかわらず日本が歓喜に包まれる」というタイトルでコート外の反響も取材。
地元・島根の応援風景や、午前4時までテレビで試合を観戦していた東京在住の男性へのインタビューなども紹介していた。

他のメディアとは少し視点が違っていたのがUSAトゥデー紙。「最も印象的な場面の一つは、彼が見せたノールック・ラケット・フリップ(宙返り)だった」と錦織がプレーの合間に見せたテクニックに関する記事を掲載している。ラケットを地面に叩きつけて回転させ、さらに視線を送ることなくそれを手元に正確に戻す何げないしぐさ。それはファンを楽しませる“離れ業”として決勝でも世界の注目を集めることだろう。



錦織圭のラケット“離れ業” 【ノールック・ラケット・フリップ】



  ~以上転載~


四大大会のシングルスでの日本人選手の決勝進出は男女を通じて
史上初の快挙だから、ネット上では錦織選手の話題で持ちきり。

しかしネット上だけではなく、あの”ブレない新聞”が話題になっている。


デイリーの一面が錦織 

よほどのことがない限り一面は阪神タイガースの話題を掲載してきた、
「デイリースポーツ」が、第1面に錦織だ!


2、3面は阪神の記事のはずや 

2面・3面も阪神の記事のはずが、やっぱり錦織だ!
どうした、デイリースポーツ。笑い(その他GIF)



早く夜が明けて明日の朝6時になって、優勝決定の瞬間が観たい!






watch TV(スマイリーシリーズ) 







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
TOEICボキャドリル

ひつじさん
TF
track feed chibineko0705
英単語2択クイズ
お散歩英語 English Walk
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。