ちびねこナッチの冒険 イメージ

イメージ

人に対するイメージは容易に変わる。
パッと見た目で好印象だったり、そうでなかったり。

でも声や喋る内容で、これまたイメージは変わる。
ふとした発言で、崇高な精神を感じ取って一目置いたり、
逆に知性・品性の低さに気付いて冷ややかな気持ちになったり。

問題は、イメージじゃなく本質なんだけれども、
本質まで行き着く程の付き合いがなければ判断のしようもない。

現実世界の中でも、素晴らしい人を見逃しているかも知れない。
でも逆に、幻惑されて良い人だと思って場合もあるかも知れない。
それは自分の判断が正しいかどうかで、実害が発生するまでは
なんてことはないんだろう。

大した話じゃなくって、TVドラマや映画の中の人の場合もある。

見始めた時には「?」って思った人が、見終わった時には
「なんて素敵な人!」って思ったりね。
主に役柄に共感しただけなんだけど、逆転することも少なくない。

モーガン・フリーマン、ティモシー・ダルトン、
ダニエル・クレイグなど、そんな例は結構ある。

何が言いたいかって?

かなり前だけど、たまたまついていたTVドラマの主演者が
あまりに目つきが悪くって、なんでこの人がイケメン役?って
不思議に思っていたんだけれど、今はお気に入り。

「猫侍」でニャンコさんに萌える剣豪役。
今は「猫侍シーズン2」に出てる。
斑目久太郎役の北村一輝さんだ。

ニャンコさん好きならまっしぐらで飛び付いてしまう役柄で、
これは卑怯だなと思いつつ、毎週楽しみにしているよ。
玉之丞も可愛くって堪らない。

その北村一輝さんは今、TVドラマ「ヤメゴク」にも出てる。
絶妙な大阪弁で、あまりにハマりすぎているので調べたら、
大阪出身ですってさ、そりゃ上手い訳だ。南部かな?

刑事の三ケ島翔役は変なリーゼントとデフォルメされた大阪弁、
趣味の悪いソックスが特徴。
心優しき人情派で、性善説を信じるけれども大事なところではヘタレ。
役柄にピッタリで、ツボにはまってしまった。

「テルマエ・ロマエ」も良かったけれど、一番のお気に入りは「猫侍」。
そして2番目が「ヤメゴク」。

暴力団追放運動推進都民センターの佐野さんもね!
「麦ちゃんさ~ん」ってエプロン姿で呼ぶのもたまらん。

暴排条例なんてのは、一般市民に押し付けるなよ!って話だけど、
それは一応横に置いておいて、ストーリーを楽しむ事にするよ。

「ヤメゴク」は視聴率は良くないんだって?
番組途中で打ち切りになんてならない様に、祈っていますよ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
TOEICボキャドリル

ひつじさん
TF
track feed chibineko0705
英単語2択クイズ
お散歩英語 English Walk