ちびねこナッチの冒険 マルちゃんの思い出 ②

マルちゃんの思い出 ②

マルちゃんのおもらしに耐えかねた私が考えついた作戦、
それは、マルちゃんにベランダで暮らしてもらうこと。

ベランダで?それは可哀想・・・なんてことはない。
元々、一日23時間以上ベランダで、もしくは外で過ごして
いた子で、4年前まではそんな暮らしをしていたのだから。

ワイルドな野生児で、冬は温かく夏は涼しい家の中が嫌いらしい。

   冬のまるちゃん - コピー
       冬のマルちゃん(むくむく冬毛)


  夏のまるちゃん

      夏のマルちゃん(夏毛で別人に)



4年前にマンションの改修工事が行われた時、足場が組まれて
マンション全体にカバーが掛けられ、ベランダには出られない
生活が3ヶ月続き、完成した後もマルちゃんを出さなくなった。

もう14歳という年齢だから、外に出て行ってしまうと
帰ってこれなくなるかもしれないと思った。

過去には、うちのベランダに侵入しようとしたニャンコさんと
家を守ろうと戦って、結果命を落とした子もいた。

こちらも今や膝痛に悩む年齢で、もし外に出て行ったら
捜したり、助けに屋根に登ったりも出来なくなっている。

だから4年近くの間、マルちゃんも含めてニャンコさんたちは
ベランダに出さなかったんだけれど、もう限界だ。

ではどうやって、ベランダで暮らしてもらいながら、
外には出られないようにするか?

それはベランダに柵をして囲って出られなくなるようにする
作戦だった。ラティスで囲ってしまえばいいよね?

ではどんな風にすればいいの?

イメージはネットで画像検索して出来上がった。
結束バンドで組み上げたという素敵な画像があったけれど
こっちはド素人、ホームセンターに行って材料を見たり
イメージだけは膨らんだけれど、技術的には不安だらけ。

実際自分で上手く出来るものなのか? 
マンションだから制約もあるだろうし、悩みは尽きない。

実際問題、DIYで可能なのか?

結果は、やっぱりプロに頼もう! だった。
ラティスの加工は自力では無理だろうし工具も無いし、
以前うちのリフォームを頼んでいたTさんが居るじゃないか!

ちょっと大げさな気もするけど、プロに頼むのが一番だ。

早速依頼すると、すぐに来てくれて寸法を計り、早速一緒に
ホームセンターへ。必要な材料を購入して工事日を決定。
さすがプロ、仕事が早い。

さて、思うような出来になりますでしょうか?



(以下 マルちゃんの思い出③ に続く)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
TOEICボキャドリル

ひつじさん
TF
track feed chibineko0705
英単語2択クイズ
お散歩英語 English Walk