ちびねこナッチの冒険 用語解説
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語解説

台風の影響で各地で被害が出ているようだ。
川が氾濫したり浸水したり、行方不明の方もいる。
日本て災害の多い国だね。

ニュースを聞いていて、河川の災害に関する用語に興味を
持ったので、一般的なものを調べてみた。

洪水(こうずい)

  大雨や雪どけなどによって河川流量が普段より増大したり、
  氾濫すること。

氾濫(はんらん)

  河川などの水があふれ広がること。

溢水(いっすい) / 越水(えっすい)

  川などの水があふれ出ること。堤防がないところでは「溢水」、
  堤防のあるところでは「越水」を使う。

浸水(しんすい) / 冠水(かんすい)

  洪水による氾濫によって住宅や田畑が水につかること。
  住宅などが水に浸かることを「浸水」、田畑や道路などが水に
  浸ることを「冠水」という。

外水氾濫(がいすいはんらん)

  河川の堤防から水が溢れ又は破堤して家屋や田畑が浸水すること。

内水氾濫(ないすいはんらん)

  
堤防から水が溢れなくても、河川へ排水する川や下水路の
  排水能力の不足などが原因で、降った雨を排水処理できなくて
  引き起こされる氾濫。

決壊(けっかい)

  高波等により堤防が壊れて崩れることをいう。


越波(えっぱ)

  堤防よりも高い波が来た場合に、海水が陸側へ流入することをいう。


聞いたことのある用語だけに限定したけど、色々あるね。

世界四大文明が興ったところはみんな、河川流域で興った。
治水ができなければ発達し得なかった文明。

治水を行うことが国としてまとまり始めたことの反映と考えれば
まさに「水を治める者は国を治める」と言えるのだろう。

今の日本では、災害自体はゼロにできなくても、せめて人的被害は
避けられるように行政が備えをしっかりして欲しいね。

でも公共土木工事はとにかくお金が掛かる。
お金がない地方自治体は充分な備え・対策が取れない。
結果、人の命が平等ではないと思えてきて悲しい。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびねこナッチ

Author:ちびねこナッチ
ボウリングと映画と
海外ドラマが好き!
話には脈絡がありません。
日記代わりというか備忘録。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

毎日の花色と四季の景色変わります

月別アーカイブ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ひつじさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。